ZEN CLUB

豊かな暮らしを創るコミュニティ・ペーパー

Number.472

暑をぬぐい 波たたみ消す 水平線

今月の俳句

東京都真季

季節感溢れる、風景写真と俳句を募集中!「ZEN CLUB」の表紙を飾る写真と俳句を募集中。応募写真は編集部にて選考の上掲載いたします。 詳しくは「ZEN CLUB編集室」へ 052-703-1111(代) 

広大な海の透き通るブルーを見ていると、心が癒されますね。ところで、当たり前のように見ている海の色が、なぜ青なのかをご存知でしょうか? 「空の色だから」と言われる方も多いでしょうが、厳密には【太陽】が理由なのです。実は太陽の色は虹の七色(赤・橙・黄・緑・青・藍・紫)が混ざり合ったもので、そのうち青色だけが海水に吸収されず、海中深くまで進みます。それが海底で反射し、また地上へと跳ね返るため、私たちの目には青く映る仕組みです。つまり太陽と海は絶妙な関係性を保ち、美しい風景を生み出しているのですね!

高齢者の増加と住まいの多様化

住宅ニュース速報

総務省より2015年の国勢調査の結果が発表され、総人口が1920年の調査開始以来、初めての減少を記録しました。ところが逆に、65歳以上の人口割合は調査開始以来【最高】を記録しており、高齢化社会へ拍車がかかったことを裏付けています。80歳以上が実に1,000万人を超えている今、元気な高齢者が増えていることは事実で、平成27年の総務省のデータ[統計からみた我が國の高齢者(65歳以上)]によれば、高齢者の就業者数は11年連続で増加しているようです。

それが理由かは定かでありませんが、高齢者の【都道府県間移動率】もじわりとアップ。つまり裏を返せば、【住む場所】を探していることが容易に想像できます。終の住処を謳歌するべく、こだわりを詰め込んだ新築住宅を建てる方もいるでしょうし、中古住宅をリフォームする方も多いでしょう。そこで一番の問題となるのは、高齢者に必須のバリアフリー化。例えば一般的に取り上げられるものとしては、段差の解消や手すりの設置、出入り口や通路の幅員の拡幅などがあります。当たり前の動作が【負担】にならないよう、配慮した改修工事がポイントと言えるでしょう。データから読み取れる【高齢者の住宅取得】を考慮し、一歩先の住まい固めを考えてみてはいかがでしょうか。

高齢者の都道府県別転入・転出超過数(平成25年、26年)

選挙権の意義とは

COLUMN

私が20歳で選挙権を得てから32年で何回選挙があっただろうか。何回投票したのか。どんな判断基準で投票する人を選んだのか、選んだ人は当選したか、落選したか。

6月の参議院議員選挙から満18歳で選挙権が得られました。7月には予定外の東京都知事選挙。立候補者を見てこの中に私達の家族、地域、職場、学校などで暮らしている人達の生活や社会を良くするための代表になってくれる人はいるのか。

私達は知事や議員を「政治家」と呼ぶが、そもそも政治家は職業なのか?私達の生活や社会を良くする代表ではないか。この前の東京都知事の議会やマスコミの答弁を聞くと、本当に私達の代表なのかと思います。昨今の議員には、人としての道徳や理性が正しい人かと疑問に思う方がいます。

「13歳のハローワーク」というサイトに「政治家ほどわかりにくい職業はこの世にないかもしれない」「世の13歳はこんなわかりにくい職業を目指すべきではない」と。さて、誰に投票しますか。

Y.S