ZEN CLUB

豊かな暮らしを創るコミュニティ・ペーパー

Number.480

【健康情報】春は健康診断の季節! 知っておきたい検査のイロハ

暮らしのネタ帳

家事や休息、家族団らんなど、日々行う「家の中の出来事」はさまざまです。他の人より【ちょっと】知っているだけで、毎日の暮らしがスムーズに楽しくなる場面も多いことでしょう。毎回お届けするこの「ZENCLUB」がひとつの有益情報になっていただければと、編集部員一同でオトクなネタをピックアップしました。ぜひ一度、ご活用ください!

【健康情報】春は健康診断の季節! 知っておきたい検査のイロハ

春は各地域や職場などで「健康診断」を受ける機会が多くなりますね。現在の健康状況を確認し、異常の早期発見と健康維持のきっかけとなる重要イベントですので、積極的に参加したいところ。そこで今回は、検査の種類や検査項目で注目しておきたいものをまとめました!

健康診断の種類とは?

健康診断と一口に言っても、法律で義務づけられた健康診断と任意の健康診断に分かれます。前者は、まず職場での診断が該当。労働安全衛生法に基づき、事業者が従業員を対象に行わなければならないものです。次いで、特定健康診査はいわゆるメタボ健診のことで、生活習慣病対策の一環。学校での健診は学校保健安全法により児童・学生を対象に行われるもので、妊産婦と乳幼児の健診は母子保健法により、市町村が行う診査のことです。後者は精密な診断、人間ドックを指します。

生活習慣病を早期発見!
特に注目しておきたい検査項目

送られてくる診断結果をドキドキしながら読んだ経験は誰でもあるでしょうが、具体的に数値が示す状態を把握することで、早めのセルフケアにも繋がります。まずはこれらに注目してみましょう!

検査項目 説明 異常値の場合に疑われる疾患
中性脂肪 肉や魚、食用油など食品中の脂質や、体脂肪の大部分を占める物質。血液中の中性脂肪の値が150mg/dl以上になると「高トリグリセライド血症」とされ、メタボリックシンドロームの診断基準にも盛りこまれます。 動脈硬化症、脂質異常症、糖尿病など
HDL-コレステロール 増えすぎたコレステロールを回収し、さらに血管壁にたまったコレステロールを取り除き、肝臓へもどす働きを行います。喫煙や肥満、炭水化物の取り過ぎに注意することで、数値は低下します。 動脈硬化症
尿酸 細胞内の核に含まれるプリン体が分解される際に生じる老廃物のこと。尿酸値が7mg/dl以上になると高尿酸血症と診断され、動脈硬化を進めるリスクとなる疑いも強いとされます。 痛風、腎障害、関節炎など
糖化ヘモグロビン 赤血球の中にあるヘモグロビンA(HbA)にグルコース(血糖)が非酵素的に結合したものを指します。基本的に数値を7%未満に保つことが、糖尿病の合併症のリスクを抑えるといいます。 糖尿病
白血球数 白血球の数は体内の免疫反応に関係するため、増減によって感染症や免疫低下の有無が判断できます。値が低いと、ウィルス感染症の初期や再生不良貧血などの疑いも出てきます。 炎症、感染症、白血病など
負荷心電図
(心電図検査)
運動をして心臓に負荷をかけたときの心電図変化をみる検査です。心臓病の診断や重症度の判定、治療効果の判定などに大切な検査で、生活指導やリハビリテーション、運動処方にも利用されます。 狭心症など心疾患
GOT(AST)、
GPT(ALT)
おもに肝臓に多く含まれる酵素で、別名はトランスアミナーゼ。GOTは心臓や筋肉などの細胞にも含まれています。もしGOTとGPTを含む細胞に障害があると、値は上昇します。 急性肝炎、慢性肝炎、肝硬変、脂肪肝など
γ-GTP たんぱく質を分解する酵素の一種です。飲酒量が多いときや胆道系疾患などで値が上昇するため、自身のアルコールの適量を知る良い目安にもなります。 アルコール性肝機能障害、肝硬変、慢性肝炎など

たけのこと新ごぼうを使ったパエリア

レシピ

行楽の春! パーティーレシピとしても最適

材料/5~6人分

たけのこと新ごぼうを使ったパエリア

米2合、新ごぼう1本、たけのこ150g、豚ひき肉150g、玉ねぎ(中)1/2個、にんじん(中)1/2本、赤ピーマン(大)1/2個、いんげん6本、にんにく1片、【A】(水400ml、コンソメ(顆粒)大さじ1、カレー粉小さじ2、しょうゆ小さじ2)、オリーブオイル大さじ3、塩・こしょう少々、ゆで卵適宜、パセリ適宜

つくりかた

  1. ごぼうはささがきにして、酢水(分量外)にさらします。たけのこの穂先の部分は薄切りにし、根元は粗みじん切りにします。玉ねぎ、にんじん、にんにくも同様にみじん切りを行います。赤ピーマンは5mm幅の輪切りにし、いんげんは根元を切り落として3等分にカット。【A】は混ぜ合わせておいてください。
  2. 鍋にオリーブオイル(大さじ1)とにんにくを入れて弱火で熱して、香りが出たら中火にして豚ひき肉を炒めます。肉の色が変わってきたらたけのこの根元、ごぼう、玉ねぎ、にんじんを加えて炒め、塩・こしょうで味を調えます。
  3. 玉ねぎが透き通ってきたらオリーブオイル(大さじ2)と米を加え、弱火にして【米が透き通るまで】炒めます。【A】を加えて軽くかき混ぜ、たけのこの穂先をのせます。煮立ったらフタをして、弱火で約15分煮ましょう。
  4. その後、赤ピーマンといんげんを入れ5分間煮て、約10分蒸らします。輪切りにしたゆで卵をのせ、刻んだパセリをふりかけましょう!

おいしいポイント

行程の1で、玉ねぎやにんじん等をざく切りにすれば、歯ごたえを楽しむことができます。また、行程4で赤ピーマン等を蒸し過ぎると色が変わるので、見た目を重視する際には要注意。