ZEN CLUB

豊かな暮らしを創るコミュニティ・ペーパー

Number.481

道具準備の手間要らず、余り物を使ったアイデア掃除

住まいの お手入れ術
Vol.78 身近な物を活用編

気候の良いこの時期は、時間の許す限り外に出たいという方も多いのではないでしょうか。住まいのお手入れもサクサクっと効率的に済ませたいところですね。「だけどお掃除道具がないから、すぐには出来ない…」という方へ、一般的なアイテムに頼らなくても簡単にできる、意外なお掃除術をピックアップしてみました!

使い終わったものでOK 理にかなった再利用法

来月になれば梅雨が訪れ、水廻りのカビも気になり始めますが、それに先駆けてシンクの意外なお掃除方法をひとつ。重曹や酢を使えばキレイになることは知られていますが、使い終わったサランラップも実は効果的なのです。簡単に丸めて【スポンジ代わり】として使うのですが、なるべくステンレスのスジ方向を見ながら、それに沿って掃除するのがベター。洗剤をつける必要がありませんので、エコにも繋がりますね。続いてガスレンジは、ふきこぼれや油汚れを温かいうちにサッと拭けば簡単なのですが、ちょっと時間が経てばやっかいな敵に様変わり。そんな時、油汚れを分解するアルコールやビタミンEを含有する【飲み残し】の「ビール」が便利グッズに変身。少し垂らして拭けばレンジのみならず、冷蔵庫の中の汚れや臭いも消すことができます。

鉛筆だけでは勿体ない 万能消しゴムの真の威力

キッチンまわりから離れ、今度はどこの部屋にもあるスイッチパネルに着目。いつの間にか手垢などで黒く汚れがちですが、そんな時は消しゴムの出番。もともと吸着力の強さで対象物を【はがす】役割があるため、鉛筆だけでなく、そこまで強い付着じゃなければ、応用できるというわけです!