ZEN CLUB

豊かな暮らしを創るコミュニティ・ペーパー

Number.486

気候の良い季節に行いたい じっくりおトイレ掃除

住まいの お手入れ術
Vol.83 トイレ編

徐々に年末大掃除の影もちらつき始めた秋、ちょっとトイレに目を向けてみませんか? 日々の掃除の必要性が高い場所ですが、蒸し暑い夏に【個室にこもる】のは気が引けますよね。気候の良い今だからこそ、腰を据えて行えるおトイレ掃除をピックアップ!

知らず知らず汚れる外側は臭い解消や除菌に注力

蓋を閉じた状態の「便器の外側」については、弱アルカリ性のアルコール水がオススメ。直接スプレーし、固く絞ったマイクロファイバークロスで全体を水拭き。除菌効果もあり、乾拭きや洗い流しも不要なのでお手軽です。雫が飛び散りやすい床は、アンモニアを退治しやすいクエン酸水の出番。同様に床へ吹きかけ、マイクロファイバークロスで水拭き。日頃は重曹水でささっと拭く程度で十分ですので、本腰を入れる場合だけ【臭いの元】を徹底的に排除できるクエン酸水が役立つわけです。

尿の特性を知れば効果的な対策も露に

尿は出てすぐは酸性ゆえに、アルカリ性の洗剤が効果的。そこで、「便器の内側」は弱アルカリ性である重曹を小さじ1~2を振りかけ、トイレブラシで磨くのが◎。黄ばみや輪じみには漂白効果のある過酸化ナトリウム(大さじ1)での浸け置き洗いがオススメ。便器に60度以上のお湯を流し入れ、水量が落ち着いたら過酸化ナトリウムを入れ、水が溜まっているところにトイレットペーパーを【パック】のように張り付けます。できれば一晩ほど置いておき、全て水に流せば真っ白に!