ZEN CLUB

豊かな暮らしを創るコミュニティ・ペーパー

Number.486

第341話 「ワン吉とそら」

がいじんトーク

「おじさん、どうしていつもベランダで寝ているの?」とワン吉がそらに問いかけた。

ワン吉から見ると自分の身体の倍以上あるそらに友達にでも話すかのように尻尾を振りながら寝ているそらを起こした。そらは小僧の話しかけには気づいたが、気づかないふりをして昼寝を続けている。それにはお構いなしにワン吉は「おじさん、この間はシマシマたちを追い払ってくれてありがとう。おじさんは、どうして彼らのように外へは出掛けないの?僕はフェンスがあるから出られないけど、おじさんは自由に出られるでしょう」

ワン吉は、3キロしかないポメラニアン。そらは、8キロもあるアメリカンカール。シマシマは、雑種で年齢体重不詳のクロネコ軍団の隊長。クロネコ軍団には、特攻隊長のクロネコとシマシマの子(尻尾だけがシマシマ)がいる。二人ともシマシマより一回り小さい。クロネコ軍団はこの辺を縄張りとして、いつもうろついている。嫌われ者たちである。

ワン吉がしつこく話しかけてくるので、半分根気負けをしてしまいそらが口をきいた。
「小僧よ。いつも元気だな。俺の昼寝の邪魔をするなんていい度胸しているじゃないか」
「やっと、起きてくれたね。ありがとう」
「ところで、お前のところの娘さん、もうじき嫁ぐらしいな。我が家でそんな話をしていたぞ」
「嫁ぐ?って?・・・・」
「お嫁さんに行くということだよ。つまりお前の家から出て行くということだよ」
ワン吉は、ハトが豆鉄砲くらったような顔をして固まってしまった。
「あれ?お前はまだ知らなかったのか?近々らしいぞ。俺の方から言わなかった方がよかったかな」
小さなワン吉の頭では理解できなかった。お父さんとお母さん、そしておねえちゃんがいる家族が当たり前で、誰かがいなくなるなんてワン吉には考えられないのである。よりによって一番仲良しのおねえちゃんが家族でなくなることが。
「聞かなかったことにしてくれと言っても、もう遅いか・・・・小僧にとっては相当のショックだったようだな。俺を恨まないでくれよ」と昼寝を決め込んだ。

ワン吉の頭の中は、「お父さんが帰ったら聞いてみよう。おねえちゃんが帰ったら確認してみよう」とそのことばかりで一杯になってしまった。

その夜、いつもと変わりない家族とのやり取りで、ワン吉がいくら尋ねようがお父さんは、「今日はやけに元気いいな」と言われ、おねえちゃんは、「ワン吉、お利口さんだね」と抱っこしてくれるだけだった。ただテーブルの片隅に置いてある「グランダルシュウエディングヒルズ」のパンフレットだけが気になった。 

不動堂