ZEN CLUB

豊かな暮らしを創るコミュニティ・ペーパー

Number.505

10年間イタリアで暮らし 現地の豊かな食生活を伝える1

専門家こだわりのライフスタイル

イタリア料理研究家として東京と島根で活動する板倉布左子さん。
主宰する料理教室「effe-co.(エッフェ・コー)」では、レシピと自らの10年にもおよぶイタリア生活をもとにして、現地のリアルな食生活も伝えている。

「感覚的にイタリア人の食卓が身についたと思います。今のイタリア人が好んで食べる家庭の味を、日本でも簡単に手に入る食材を使って教えています」と、板倉さん。「イタリアには、コンビニエンスストアなどがなく、24時間営業のお店もほぼないので、必然的に調理をします。そして週末ともなれば、友人とともに賑やかに食事をするのが日常。そんな食を楽しむ姿勢も伝えていきたい」と、テーブルセッティングやワインなど、料理にまつわるエッセンスもレッスンに散りばめている。

自身の出身地である出雲の有機的農法に基づいたビオ野菜を積極的に取り入れているが、ビオ野菜しか使わないと頑なではない。食生活の質を向上させためにちょっとした工夫をする柔軟なスタンスが、30代女性を中心に支持される秘密のようだ。

イタリア料理教室「effe-co.」代表

板倉布左子

1979年生まれ、出雲市出身。03年I.C.I.Fマスターコース修了、ディプロマ取得。トリノの老舗カフェBARATTI&MILANOで働く。11年よりabcincucina(料理スクール)講師。14年2月帰国。出雲と東京でイタリア料理教室を主宰。
http://effe-co.com/home/