ZEN CLUB

豊かな暮らしを創るコミュニティ・ペーパー

Number.490

寒椿  真白き庭に  紅の彩

今月の俳句

愛知県 三日月様

季節感溢れる、風景写真と俳句を募集中!「ZEN CLUB」の表紙を飾る写真と俳句を募集中。応募写真は編集部にて選考の上掲載いたします。 詳しくは「ZEN CLUB編集室」へ 052-703-1111(代) 

椿

椿が美しく咲く季節ですね。山野に自生し、古くから鑑賞されているこの花は、かの有名な「日本書紀」にも登場するほどの歴史を持ちます。そんな椿の風変わりなエピソードで、武家社会であった江戸時代に【不吉な花】だと呼ばれていた話があります。椿は季節が変わると、花びらが散らずに丸ごとポトリと落ちるため、その様子があたかも首が落ちるようで切腹のようだ・・・と考えられていたそうです。夏目漱石の「草枕」においても、「又一つ大きいのが血を塗った、人塊の様に落ちる」という描写があるなど、不吉なイメージを底上げしていました。ただしこれには裏の話があるそうで、江戸時代に椿がブームになり、あまりに高価な金額で取引きされていたので、それを憂えた幕府が敢えて【悪い評判】を流したという説が残ります。いつの世も、美しいもの、人気のある者は妬まれるケースは少なくありません。しかし幕府にしろSNSにしろ、世の中に一石を投じるという事実は、裏を返せば美しさや実力を十分に証明しているのでしょうね!

不動産関連の特例や軽減措置等の延長が決定!

住宅ニュース速報

住宅購入を考える人々にとって、追い風となるニュースが昨年末に滑り込みました。平成30年度与党税制改正大綱が決定し、今年度末に期限が切れる予定だった「新築住宅にかかる固定資産税の減額措置や、宅地評価土地の取得にかかる不動産取得税の特例措置の延長」などがほぼ全て認められました。

この恩恵を知る上で少しおさらいをしますと、「不動産取得税」とは売買・贈与で不動産を取得したとき、また新築・増築したときに都道府県が課税する地方税のこと。計算方法は土地・建物の税額=固定資産税評価額×4%(標準税率)で、土地及び住宅のみ、この4%部分が3%になるわけです。1%の違いと言えども、価格が高い買い物ですので、馬鹿に出来ません。また、固定資産税とは毎年1月1日に土地や家屋といった固定資産を所有している人に市町村が課する税金のことで、こちらの計算方法は固定資産税の額=固定資産税評価額(課税標準額)×1・4%(標準税率)。諸条件などもありますが、減免される税額は〝家屋部分の固定資産税の1/2〟となり、同様に大きなメリットとなります。

国土交通省の試算によれば、仮に2000万円の一戸建てを新築した場合の固定資産税が、減額措置によって3年間で約26万円も軽減されるそう。このように様々な税金が軽減されている今こそ、住宅取得をお考えになられたらいかがでしょうか。

涅槃会(ねはんえ)

COLUMN

二月十五日は、皆さんあまりご存知ないでしょうが、涅槃会と呼ばれる日です。お釈迦様がこの世を去られたのが旧暦の二月十五日とされることから、お釈迦様の死を追悼する法会が行われる日なのです。

涅槃とは一切の煩悩がなくなり精神的に安定した心の状態をいい、仏教の最高目的とされますが、これを死と同じ意味に使うのはお釈迦様の死を大般涅槃(だいはつねはん)と呼んだことに起因しています。

中国や日本の仏教徒の間では毎年二月十五日、涅槃会が営まれますが、古くは七五三年に東大寺二月堂で行われたという記録も残っています。

毎年行われる二月堂の「お水取り」は涅槃会のための浄めの儀式と言われています。

時には、遠い歴史に思いを馳せて、日々の喧騒に一息入れてみてはいかがでしょうか。

H.H