ZEN CLUB

豊かな暮らしを創るコミュニティ・ペーパー

Number.482

紫陽花園 星が手毬の 華やかさ

今月の俳句

今月の俳句:愛知県真季
今月の写真:愛知県佐藤

季節感溢れる、風景写真と俳句を募集中!「ZEN CLUB」の表紙を飾る写真と俳句を募集中。応募写真は編集部にて選考の上掲載いたします。 詳しくは「ZEN CLUB編集室」へ 052-703-1111(代) 

紫陽花

6月の代表的な花として挙げられる紫陽花は、小さな花が集まって、丸い形を彩るさまが可愛いですよね。ところで、紫陽花を思い浮かべたとき、青や紫、白、ピンクなど抱くイメージは人それぞれでしょうが、なぜ色の違いがあるのでしょうか。実は花のように見える部分は萼(ガク)と呼ばれる葉っぱが変化したもので、根から吸収される養分によって、花色が変わるそうです。アルカリ性はピンク、酸性は青色へと変化し、最終的には【花の老化】現象により、どの花色も赤紫のような褪せた色に近づいていくそうです。日本は比較的雨が多いため、雨水に含まれた二酸化炭素が溶け込み弱酸性を示し、結果的に青系が大半。この季節、各地で色に注目して見てみれば「あ、珍しい色!」という感動が生まれるかもしれませんね。

SNSを通じて普及・認知拡大!環境省がZEHの体験宿泊実施を検討

住宅ニュース速報

最近何かと話題に上っているネット・ゼロ・エネルギー・ハウス。住宅の高断熱化と高効率設備により、快適な室内環境と大幅な省エネルギーを同時に実現した上で、太陽光発電等によってエネルギーを創り、年間に消費する正味(ネット)のエネルギー量が概ね【ゼロ以下】となる住宅を指し、通称ZEH(ゼッチ)と呼ばれています。

環境省は4月、家庭における省エネの取り組みを普及させるために、ZEH体験宿泊を検討していることを発表しました。これは、住宅メーカーや工務店の協力を得ながら、既存のZEHモデルハウス等に、著名人やブロガー、住宅を新築予定の一般消費者に宿泊してもらうもので、冬の体験を目指しているそうです。

特に著名人を起用するところは狙い通りなのですが、真の目的は【口コミ】で良さを浸透させること。今では市民権を得た「SNS」によって感想や実況等を世間に伝えてもらうことで、ZEHの特長がより明確に把握できるわけです。なんとなく仕組みは理解していたものの「水廻りはどうなんだろう?」「高断熱のポイントはどこなのだろう?」など疑問点が多く、住宅イメージがいまいち湧かなかった方は、様々な【リアルな意見】に耳を傾けることで、ZEHがもっと身近になるはずです!


全コンビニにセルフレジの普及へ

COLUMN

経済産業省は、コンビニ大手5社と協力し、電子的に商品情報を記憶したICタグを2025年までに全商品に貼り付けることを目標として「コンビニ電子タグ1千億枚宣言」を発表した。

コンビニ各社は、買い物客がカゴを置くだけで瞬時に自分で会計できる「セルフレジ」の普及を進め、国内全店舗への導入を目指し、サービス効率化で人手不足対策に対応。2018年を目処に一部地域で実務実験を開始し、商品の包装に値段などのデーターを書き込んだICタグを取り付け、セルフレジ台に読み取り機能を搭載、素早い精算が可能となり、待ち時間の短縮につなげる。

スーパーでは、バーコードを1つ1つ読み取る方式のセルフが増えてきているがICタグならカゴごと会計でき、より利便性が高い。コンビニ各社にとっては、レジ業務を簡素化するだけでなく、データーを活用して棚卸しなどの商品管理を合理化し、少子高齢化に伴う人手不足に対処できるメリットがある。

このような、現在の企業の【人手不足解消】のスキームが今後、増々発達することを願いたい。

Y.A