ZEN CLUB

豊かな暮らしを創るコミュニティ・ペーパー

Number.500

モミの木に 星点滅し サンタ待つ

今月の俳句

東京都 真季様

季節感溢れる、風景写真と俳句を募集中!「ZEN CLUB」の表紙を飾る写真と俳句を募集中。応募写真は編集部にて選考の上掲載いたします。 詳しくは「ZEN CLUB編集室」へ 052-703-1111(代) 

クリスマス

街もどこか賑やかな装いを見せる12月、各地で様々なクリスマスイベントが行われますね。派手なイルミネーションなどもさることながら、独自のコンセプトやオブジェにも注目です。例えば北海道のサンピアザ水族館で12月25日まで開かれる「デンキウナギのクリスマスツリー」では、館内名物のデンキウナギによる【発電実験】とコラボし、水槽内のツリーが輝くというユニークな仕掛けが見どころ。また、東京の日比谷公園の噴水広場で12月14日~25日に開催される「東京クリスマスマーケット2018」には、高さ14mという世界最大級のクリスマスピラミッドがビル街に登場し、異空間を演出します。その他、愛知県名古屋市のレゴランドR・ジャパンでは来年1月7日まで「BricXmas」が開催され、およそ61万個のレゴRブロックで作られた高さ約10m、横幅約4mのクリスマスツリーや、約25万個のレゴRブロックで作られたサンタとトナカイのそりなど【ならでは】の演出がなされています。雰囲気を味わうと共に、ちょっと誰かに「こんなモノがあったよ!」と自慢したくなるようなクリスマスイベントに足を運んでみてはいかがでしょうか。

ZEN CLUB 500号に寄せて

ZEN CLUB 500号に寄せて

株式会社ZENホールディングス
     代表取締役 小林 憲司

ZEN CLUB500回の記念号発行にあたり、一言ご挨拶をさせて頂きます。ZEN CLUBは広報誌ゆに~ぶるとして1977年5月に始まり、2014年2月からはZEN CLUBと名称を変えましたが、毎月発行を重ねこの度500回に到達したものです。41年8カ月に亘り休むことなく発行できたことは、まずもって顧客の皆様のご愛顧、そしてZENホールディングスグループに属する会社の役員及び従業員の努力があってのことであり、厚くお礼申し上げます。

会社の平均寿命あるいは生存確率には様々な説がありますが、設立後3年以上生き延びる会社は3割に満たない、あるいは20年以上生存できる会社は0.3%という数字があります。弊社グループは半世紀以上継続出来ているという点で珍しい企業ということになりますが、住宅を含む不動産という長期にわたって利用される財産を提供する会社として継続するということは、最も大切な義務であるとも考えられます。従って、グループの特性として派手さよりも地味を好み、成長よりも蓄積に重きをおいた経営判断を積み重ねてきたと言えるように思います。

この50年間において日本の産業構造は大きく変化しましたが、私どもの事業領域である建設・不動産・生活支援業を取り巻く環境も大きく変化しています。戦後から高度経済成長期においては、住宅に関する需要・供給は常に需要不足で推移してきました。その意味で建設・住宅産業は追い風を受けていたといえるでしょう。しかし、現在の日本では住宅は十二分に供給されており、少子高齢化の影響もあって、空き家が目立つようになってきています。従って、今後の50年の課題は既にある住宅などの不動産を現在のニーズに合わせて如何に有効に活用していくかということになると思います。その意味で、今まで以上にアイデア、知恵や気づきが必要になるでしょう。弊社グループはこの500号を一つの通過点と考え、1000号発行を目指します。引き続きご指導、ご鞭撻をお願いいたします。

台風と保険

COLUMN

今年は非常に台風の多い年になりました。

8月には史上二番目の多さとなる9個の台風が発生。毎週の様に台風が発生し、進路を気にする日々が続きました。しかも大型で強い勢力の台風が多発し、大きな被害がありました。21号は各地で観測史上1位となる暴風を記録。関西空港を結ぶ連絡橋にタンカーが衝突した事故は非常に衝撃的で記憶に残っています。

私が住む静岡県では24号が深夜に掛けて横断し、大きな被害を残しました。我が家もカーポートの屋根材が飛ばされてしまいました。深夜、飛ばされた屋根材を回収し、飛ばされずに残った屋根材を紐で縛ったりと、大変でした。

今後もこのような規模の台風が頻発すると、耐風性能も見直さなければなりません。火災保険もその一つです。オーナー様の台風被害の殆どは、火災保険が適用されましたが、我が家の保険は外構が含まれていなかったため、修補は自費でした。

自身が保険の募集人資格を持っているのに、自宅の保険は家族任せ…皆さんも一度見直してみませんか?

T.I