ZEN CLUB

豊かな暮らしを創るコミュニティ・ペーパー

Number.497

梨もぎる 爪先立ちに 手の重さ

今月の俳句

東京都 真季様

季節感溢れる、風景写真と俳句を募集中!「ZEN CLUB」の表紙を飾る写真と俳句を募集中。応募写真は編集部にて選考の上掲載いたします。 詳しくは「ZEN CLUB編集室」へ 052-703-1111(代) 

ジューシーな食感と心地よい甘さのおかげで、「梨が一番好き!」という方も多いのではないでしょうか。とろけそうな口当たりを証明するように、梨の成分のおよそ90%は水分。ビタミンCや、カリウム、鉄分などの栄養素が豊富で、消化酵素のひとつであるプロテアーゼや解熱作用に優れたソルビトールなども含まれています。どれだけでも食べていたい方が気になるのはカロリーですね。比較されやすいリンゴは100gあたり約57kcalで、梨は約43kcalだそう。糖度も約12%と甘さのわりには高くなく、ダイエット中でも怖くありません。ところで、梨の中でも代名詞的な存在である「二十世紀梨」がどのように誕生したのかご存知でしょうか。明治20年、千葉県某村に住んでいた中学生がゴミ捨て場に生えていた小さな梨の木を発見し、自宅の農園の片隅に移植。一生懸命育てると10年目に実を結び、まん丸な美しいフォルムと多汁で美味かったことから、東京の農園主で種苗商だった渡瀬寅三郎が「二十世紀」と名付け、そこから爆発的に普及していったそうです。研究を重ねて生み出したわけではなく、偶然の産物という点がユニークですが、10年間育てた気の遠くなるような作業にも頭が下がりますね!

国土交通省がセーフティネット住宅の申請手続き化を簡素化!

住宅ニュース速報

昨年の10月末に、住宅確保要配慮者に対する【賃貸住宅供給の促進】に関する法律の一部を改正する法律が施行され、各都道府県が「セーフティネット住宅」を登録する制度等が創設されていますが、この登録方法について新たな動きがありました。

そもそも住宅セーフティネット制度は、入居を拒まれやすい高齢者や定額所得者、子育て世帯等の人々がスムーズに住まいを探せるように【受け入れ体制が整った賃貸住宅】の情報を不動産関係団体や地方公共団体等が申請し、開示するシステム。

閲覧する側は、入居対象者や間取り、部屋状況、物件種別等、様々な条件で検索できるようになっています。このオープンな情報開示は住宅確保要配慮者にとって強い味方なのですが、申請者の事務的負担が大きいという側面もありました。

そこで今回、申請書の記載事項や添付書類等を大幅に簡素化することで、手続き負担の軽減をはかり、審査時間が短縮。例えばシステムの必須入力項目となっていた「最寄り駅からの所要時間」等が任意入力になったり、これまで郵送でやり取りされていた申請書や添付書類が電子データで提出できるようになっています。

登録がさらに加速すれば、今後も増加する見込みの住宅確保要配慮者にとって、安心感が増すのは間違いありません。今後もオープンな不動産情報に注目していきましょう!

秋に食べたい食材

COLUMN

今年は今までに経験したことのないような豪雨による災害があり、夏の暑さも年々厳しさを増している中、9月に入り夏の疲れを解消するために、これから食べたくなる、もしくは食べておきたい旬な食材があるかと思います。

秋に食べたい食材として思い浮かべるのはやはり「秋刀魚」ではないでしょうか。江戸時代のことわざには「秋刀魚が出ると按摩(あんま)が引っ込む」とあるそうなのですが、栄養豊富な秋刀魚を食べると身体の調子を整えてくれるビタミンや血液をさらさらにする不飽和脂肪酸が多く含まれているため、血液の流れが良くなり、体調がよくなることからそんなことわざが生まれたようです。

また、秋に旬を迎える食材にはミネラルや食物繊維が豊富で、夏場の疲れをとる働きのほかに、厳しい冬に備えた身体づくりに役立つ効果もあるようです。加熱してもこわれにくいビタミンCや食物繊維を多く含むいも類(例:さつまいも・さといも)など、食材を組み合わせてみたり、ご自身に合った食事のとり方など秋の味覚を楽しみながら、残暑を乗り切り、今年も残り4ヶ月を心も身体も健康に過ごしていきたいものです。

H.K